ホーム | HARD ROCK&HEAVY METAL > Black Sabbath【近日入荷】BLACK SABBATH - THE ETERNAL IDOL INSTRUMENTAL DEMOS(1CD) plus Bonus CDR* Numbered Stickered Edition Only
商品詳細

【近日入荷】BLACK SABBATH - THE ETERNAL IDOL INSTRUMENTAL DEMOS(1CD) plus Bonus CDR* Numbered Stickered Edition Only[ZODIAC 309]

販売価格: 2,500円 (税込)
数量:
★在庫切れの場合取り寄せ(1週間で入荷)
★ギフト・タイトル(一部レーベル限定)の対象品です。

Unreleaesd instrumental demos For "The Eternal Idol" album(from Original Masters)

 完全未発表・世界初公開の極上スタジオ・アルバムが奇跡の発掘です。なんと、あのボブ・デイズリーが秘蔵していたという『THE ETERNAL IDOL』のデモ・アルバムです!
 “コージー・テープ”ならぬ“デイズリー・テープ”から流れ出たのは、誰も聴いたことのなかった原初の『THE ETERNAL IDOL』。このアルバムは公式化されたレイ・ギラン・バージョンも含め、名門BONDAGEレーベルの3部作『THE RAY GILLEN YEARS』『COMPLETE RAY GILLEN YEARS』『MAXIMUM RAY GILLEN YEARS』や当店の『THE ETERNAL IDOL WORKING TRACKS(Zodiac 073)』等々、数々のデモが流出してきました。しかし、本作はレイさえも登場しない初期インスト・バージョン。まずは、『THE ETERNAL IDOL』制作過程に沿ってデモを整理してみましょう。

●A:初期インスト・デモ
『INSTRUMENTAL DEMOS』(本作)
『WORKING TRACKS』(一部)

●B:初期の仮歌デモ
『WORKING TRACKS』(大部分)

●C:歌入り/ギターソロなしデモ
『COMPLETE RAY GILLEN YEARS』
『MAXIMUM RAY GILLEN YEARS』

●D:歌/ギターソロ入りデモ
『THE RAY GILLEN YEARS』
『RAY GILLEN MIX』
公式『THE ETERNAL IDOL: Deluxe Edition』

 と、このようになっています。デモ・テープというのは、たまたま空いている部分に違う時期の録音が混じることもあるので断定は出来ませんが、おおよそはこうした流れになっているようです。本作は、これまででも最も初期となるものです。
 そして、クオリティのバツグン。『THE ETERNAL IDOL』制作の中核を担ったのはアイオミとボブの2人ですが、本作はそのボブが秘蔵していたとされるもの。それだけにダビング痕も経年劣化も見られず、超極上のステレオ・サウンドボード。もちろん、正規トラックではなくミックスも荒いのですが、演奏そのものが耳から脳へとねじ込まれる。ボックスセットのオマケ程度であれば、そのまま公式商品化できるサウンド・クオリティです。
 そんなサウンドで描かれる原初の『THE ETERNAL IDOL』こそが凄い。テープはおおよそ3つのセクションに分かれておりますので、それぞれご紹介していきましょう。

【世界初登場のインスト・バージョン(3曲)】
 冒頭から衝撃のテイク。「The Shining」「Lost Forever」「Nightmare」の完全インスト・バージョンです。これまでのデモでは、いずれも歌入りしかなかった3曲。まさしく当時のメンバー以外、世界で誰も聴いたことのない秘宝中の秘宝です。
 ただし、ここで謎なのは「The Shining」。実は、上記の「Cデモ」はおろか完成形に近い「Dデモ」でも、この曲は「歌入り+ギターソロなし」でした。それに対し、本作は真逆の「歌なし+ソロ入り」。「Bデモ」とは異なるベースソロもあり、上記通りの制作順ではないのかも知れません。

【テイク違いのインスト・デモ(2曲)】
 続く2曲「Born To Lose」「Ancient Warrior」は、『THE ETERNAL IDOL WORKING TRACKS』にもインスト・バージョンが収録されていましたが、本作は別テイク。両曲とも『WORKING TRACKS』では軽快でやや淡泊な演奏でしたが、こちらはヘヴィで緩急も利いている。特に「Ancient Warrior」はギターソロやベース・トラックがまったく別です。
 そうした細かい話もさることながら、シンプルにインストだからこその旨みが素晴らしい。ギター、ベース、ドラムがムキ出しになり、歌メロに隠れていた細かなリックが丸裸。非常に凝ったバッキングを弾いていたのがよく分かる。特に圧巻なのがボブのベース・ライン。歌メロと歌詞を書いたことは広く知られていましたが、彼の歌心ベースは完全にアイオミと同格で、曲の奥深くに食い込み、ギターリフと骨格を組み上げている。単にメロディックなだけでなく、曲の成り立ちにまで食い込むベースは、ギーザー・バトラー以来のことでしょう。

【鮮度アップのアップグレード・テイク(4曲)】
 テープの残りに入っていた4曲は「Glory Ride」「Some Kind Of Woman」「Black Moon」「Eternal Idol。『HEADLESS CROSS』で再録される「Black Moon」やVAN HALEN的な「Some Kind Of Woman」はシングル『The Shining』のB面曲でした。
 この4トラックは(恐らく)『WORKING TRACKS』と同演奏。演奏の違いを発見できなかっただけですので、本当は別テイクかも知れませんが……。しかし、演奏は酷似していてもサウンドは異なる。テープ鮮度がまるで違うアップグレード版なのです。それぞれに1段階ジェネが若いように聞こえますが、特に差が大きいのは「Black Moon」。『WORKING TRACKS』では消えていたスネアの鳴りも美しく、マスタリングからして異なる。どちらにも部分的に一瞬のヨレ箇所があるものの、その位置も異なっています。いずれにせよ、サウンド・クオリティは本作の方が上であり、同じ演奏だったにしても本作こそが最高峰マスターなのは間違いありません。

 4つめにして最初期の『THE ETERNAL IDOL』デモ。トニー・マーティンか、レイ・ギランか以前の原初インスト・バージョンです。いかにボブ・デイズリーが優れた音楽家であったかを如実に示してくれるスタジオ・アルバム。それを当の“デイズリー・テープ”から復刻した秘宝中の秘宝。文化遺産を永久に残すプレスCDで世界初公開決定です!

★ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。

(43:02)
1. The Shining (Backing Track & Solo)
2. Lost Forever (Backing Track)
3. Nightmare (Backing Track)
4. Born To Lose (Alternate Backing Track)
5. Ancient Warrior (Alternate Backing Track & Solo)
6. Glory Ride (Backing Track)
7. Some Kind Of Woman (Backing Track & Solo)
8. Black Moon (Backing Track)
9. Eternal Idol (Backing Track)

★★特別企画

★原初の『THE ETERNAL IDOL』を伝える世界初公開のスタジオ・アルバム『THE ETERNAL IDOL: INSTRUMENTAL DEMOS』。そのナンバー入りステッカー付きに限り、レイ・ギラン時代のオフィシャル超えサウンドボード・ライヴ『RAY OF THE BLACK LIGHT』が特別にボーナス付属いたします。

BLACK SABBATH - RAY OF THE BLACK LIGHT(Special Bonus CDR)
Live at Convention Center Arena, San Antonio, Texas, USA 18th April 1986 STEREO SBD

 本編プレスCDは、名盤『THE ETERNAL IDOL』原初の姿となる極上のスタジオ・アルバムです。しかし、いかに極上で面白くとも、インスト・アルバムというのはややマニアック。そこで、どなたでも最高に楽しめる超極上のステレオサウンドボード・ライヴをご用意しました。
 そんな本作はズバリ、レイ・ギランSABBATH最高・最強のライヴアルバム。「1986年4月18日:サンアントニオ公演」の超極上FM音源です。そのクオリティは、いつもなら堂々と「完全オフィシャル級」と呼べるもの。この「いつもなら」がポイント。実は『SEVENTH STAR』の公式デラックス・エディションにはハマースミス公演のサウンドボード音源がボーナス収録されている。つまり、本当に公式盤が存在するわけですが、本作のクオリティは、そのオフィシャル盤より遙かに、遙かに上! つまり「オフィシャル超え」のサウンドボードなのです。
 しかも、本作はそのサンアントニオ・サウンドボードでも最良・最長盤。実は、このFM放送は2種類ある。1つはWESTWOOD ONE系列の名物番組“IN CONCERT”放送版で、もう1つは“HIGH VOLTAGE”放送バージョン。この2番組は尺が異なるだけでなく、曲目も違う。古くから知られていたのは長尺の“IN CONCERT”放送の7曲バージョンでした。しかし、“HIGH VOLTAGE”放送は短いながらも“IN CONCERT”にはない「The Mob Rules」が放送されていたのです。そこで登場するのが本作。長尺“IN CONCERT”放送のベスト・マスターをベースにしつつ、そこに漏れていた「The Mob Rules」を追加。最長8曲バージョンに仕上げた1枚なのです。
 その編集にも細心の注意を払っている。例えば、同様の編集を行った既発もありますが、「The Mob Rules」のエンディングから次曲「Danger Zone」冒頭におけるレイ・ギランのMCまで、実際の曲間よりも5秒ほど切り詰められていました。しかし、本作は、この約5秒も失う事無く、すべてを収録。トータルでも、同種の既発と較べ10秒ほど長いのです。もちろん音質もマスター・ダイレクトの強みで、プチノイズやスクラッチノイズの類もほとんどなく、既発で気になったマスター間の質感の違いも最小限。実にナチュラルで流れるように聴くことができます。
 そうして完成したレイ時代最強のライヴ盤の素晴らしい事! 「Danger Zone」や「Heart Like A Wheel」といった『SEVENTH STAR』ナンバーはグレン・ヒューズがオリジナルなわけですが、レイの歌声もジャスト・フィット。むしろグレンよりもハマッているほどで、まるでレイこそがオリジナルかのようです。その一方、「The Mob Rules」「Neon Knights」といったロニー時代のレパートリーも見事。グレンやイアン・ギランでさえ歌いこなせなかったわけですが、レイは難なくこなし、ハイノートでメタリックな魅力さえも引き出しています。
 そして、オジー時代の名曲群までハメてしまうからレイは凄い。「War Pigs」や「Symptom Of The Universe」「Sweet Leaf」のメドレー、「Black Sabbath」といった曲を歌っていますが、ロニーやトニー・マーティンがコブシで別物に変えていたのに対し、レイはハイトーンでオリジナルに沿っている。その上で、どこまでも伸びるハイトーンはオジーよりも遙かに巧い。若干、アメリカンな軽さもあるので「レイこそがベスト!」とは言えないわけですが、曲のイメージを崩さず、より一層巧みに歌いこなす見事なヴォーカリゼーションなのです。

 インストの旨みをじっくりと味わわせてくれる本編プレスCDに対し、本作は名シンガー:レイ・ギランの魅力に充ち満ちた1枚です。なぜ『SEVENTH STAR』のデラックス・エディションに本作を使わなかったのか。今さらな口惜しさまで沸いてくるほど素晴らしい超極上のサウンドボード・アルバム。ぜひ、世界初登場の本編プレスCDと併せてたっぷりとお楽しみください!

(40:35)
1. The Mob Rules 2. Danger Zone 3. War Pigs 4. Heart Like A Wheel 5. Symptom Of The Universe
6. Sweet Leaf 7. Black Sabbath 8. Neon Knights

Tony Iommi - Guitars Ray Gillen - Vocals Dave Spitz - Bass Eric Singer - Drums
Geoff Nicholls - Keyboards

STEREO SOUNDBOARD RECORDING

Special Bonus CDR for limited numbered stickered edition of "THE ETERNAL IDOL INSTRUMENTAL DEMOS"(ZODIAC 309)