ホーム | HARD ROCK&HEAVY METAL > Deep Purple★DEEP PURPLE - MANCHESTER 1974(2CD)
商品詳細

★DEEP PURPLE - MANCHESTER 1974(2CD)[Darker Than Blue 263/264]

販売価格: 3,800円 (税込)
数量:
★在庫切れの場合取り寄せ(1週間で入荷)
★ギフト・タイトル(一部レーベル限定)の対象品です。

Live at Belle Vue Kings Hall, Manchester, UK 15th May 1974.

 新たな才能を迎え、より芳醇になった第3期DEEP PURPLE。その貴重な長尺ライヴアルバムが永久保存プレス2CDで登場です。
 本作に収められているのは「1974年5月15日マンチェスター公演」。オフィシャルの名盤『LIVE IN LONDON』のちょうど1週間前にあたるコンサートであり、その貴重な特級オーディエンス録音です。“BURN TOUR”のプレス・タイトルは久々でもありますので、まずはツアー全体像からショウのポジションを確認しておきましょう。

【1973年】
・12月9日-17日:欧州#1(5公演)
【1974年】
・1月20日-26日:欧州#2(5公演)
《2月15日『BURN』発売》
・3月3日-4月9日:北米#1(28公演)
・4月18日-6月27日:英国(25公演)←★ココ★
・8月24日-30日:北米#2(4公演)
・9月18日-28日:欧州#3(9公演)
《11月『STORMBRINGER』発売》

 これが第3期DEEP PURPLEのステージ・デビューから『嵐の使者』までの歩み。本作のマンチャスター公演は、唯一の母国ツアーの15公演目にあたるコンサートでした。
 そんなショウを記録した本作は、実に見事なヴィンテージ・オーディエンス。実のところ、このショウには以前から音の記録が存在し、この時期を代表する名録音として知られてきました。本作も録音自体は同じなものの、既発とは経路の異なる新発掘マスターなのです。何よりも素晴らしいのはクリアさ。そもそもサウンドボードと間違えるようなタイプではなかったわけですが、その空気感は透き通っており、各楽器がダンゴにならず1音1音までくっきり。「Burn」で激しく放たれる熱気、「Mistreated」ではじっくりと醸成されていく現場の温度をビビッドに感じる。まるで会場の壁に空いた穴がそのまま時空を超えてスピーカーに直結しているようなリアル・オーディエンスなのです。
 そんな録音の旨みは既発でも感じられましたが、本作のマスターはジェネが若いのか、さらに生々しく、鳴りもナチュラル。実のところ、既発はマスター劣化のせいか、イコライジングのせいか高音が歪んでおり、特に耳に突き刺さる金物系が厳しかった。それに対し、本作はクリアさもそのままに、鳴りはグッと自然。より一層、現場そのもののサウンドを味わえるのです。
 そのナチュラル・サウンドで描かれるのが、“フルスケールのLIVE IN LONDON”とも言える素晴らしいショウ。名盤『LIVE IN LONDON』は”5月22日”のキルバーン公演を収録しており、本作とは1週間しか違わない。それだけにバンドのコンディションや演奏のテンションは酷似しているのです。しかし、名演ぶりは似ていても、長さはまるで違う。「Space Truckin’」はもちろんのこと、アンコール「Going Down」「Highway Star」も収録した破格のロング・レコーディングなのです。実のところ、「Highway Star」は約2分半で演奏がブレイクし、本作も終了します。そのまま終演になったのか、はたまたリプライズでフル演奏し直したのかは分かりませんが、それでも本作こそが第3期でも極初期の「Going Down」であり、「Highway Star」には違いない。フレッシュでありながら、野心漲るアンコールがしっかりと味わえるのです。

 2人の新メンバーを迎えつつ、リッチー・ブラックモアも情熱のすべてを傾けていた第3期DEEP PURPLEの初期。その素晴らしい熱演をフルスケールで味わえる類い希なるライヴアルバムです。新たなマスターで最高峰を更新した名録音。永久保存プレス2CDでたっぷりとお楽しみください。

★ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。

Disc 1 (65:39)
1. Intro. 2. Burn 3. Might Just Take Your Life 4. Lay Down Stay Down 5. Mistreated
6. Lazy Intro. 7. Smoke On The Water 8. Keyboards Solo 9. You Fool No One
10. Guitar Solo 11. Blues 12. You Fool No One (reprise) 13. Drums Solo 14. The Mule

Disc 2 (39:54)
1. Space Truckin' 2. Going Down 3. Highway Star

David Coverdale - Vocal Ritchie Blackmore - Guitar Glenn Hughes - Bass, Vocal
Jon Lord - Keyboards Ian Paice - Drums