ホーム | The Beatles > The BeatlesTHE BEATLES - COMPLETE RECORDING SESSIONS VOLUME 3(2CD)
商品詳細

THE BEATLES - COMPLETE RECORDING SESSIONS VOLUME 3(2CD)[IMPORT TITLE]

販売価格: 3,800円 (税込)
数量:
★在庫切れの場合取り寄せ(1週間で入荷)
★ギフト・タイトル(一部レーベル限定)の対象品です。

 「VOL.0」に遡っての限定プレスCD昇格リリースはもちろんですが、もちろん続編も今回リリースいたします。その「VOL.3」はアルバム「BEATLES FOR SALE」セッションの後編からアルバム「HELP!」まで。アメリカで人気が爆発し、さらにはアイドル的イメージの親しみやすさ兼ね備えていた時期のレコーディング・セッションの集大成となります。しかし今回のリリースに当たっては、元になったcoltturkey制作の「THE COMPLETE RECORDING SESSIONS」シリーズの内容を全面的に見直し。過去二つのボリューム以上にアッパー感のある内容へと生まれ変わりました。
 一枚目のディスクは演奏でない64年クリスマス・レコードの音源をカット、「She’s A Woman」と「I Feel Fine」、さらには「Yes It Is」セッション音源はイコライズ感の強めだったcoltturkey版からよりナチュラルなmaster jediバージョンに差し替え。特に演奏が盛り上がって6分を超えた「She’s A Woman」テイク7はビートルズのセッション史上に残る名演の一つ。マニアにはフェイドアウトしない状態が有名な「Ticket To Ride」テイク2のラフミックスは昔から音が粗め、さらにピッチが遅いといった問題を抱えた状態でも知られていますが、ここでは正確なピッチでの収録はもちろんのこと、イコライズによってクリアネスが向上。そして「I Need You」やジョンのカウントから始まる「Another Girl」などは、いわゆるプロダクション・アセテート音源からの追加収録で当店リリースのヒット作「LAST LACQUERS」と被りますが、こちらはアセテート・ノイズをイコライズによって消した上、セッションの時系列を整えるために追加収録。
 そして一枚目のボーナス・パートとして映画「HELP!」の5.1音声を駆使してボーカル・トラックをシングルにした状態のファン制作ミックスをまとめて収録。特に「The Night Before」ではポール最高のR&Bボイスがシングル・トラックの生々しい歌声で楽しめます。

二枚目のディスクはアルバム「HELP!」のセッション風景に丸々費やします。ここでもcoltturkey版の内容を徹底的に洗い直し、ここ数年の間でファンが制作してネットに上げた、オーバーダビングを省いた状態のミックス(例えば「MINUS ONE」など)を駆使し、さらなるセッションの詳細に肉薄。例えば「I've Just Seen A Face」や「Yesterday」テイク2のストリングス抜きバージョン、さらにはこのアルバムのセッションで録音されていた「Wait」などはファンによって作られた、レコーディングのよりベーシックな段階に仕上げたバージョンを採用し、より詳細にセッションの進行を追ったドキュメントとして格段に内容が充実するに至りました。
 この時に録音された「Wait」が一旦はお蔵入りしたことからも解るように、「HELP!」のセッションはそれまでのビートルズのセッションではありえないほど多くの没ソングを生み出したセッションでもありました。中でも有名なのが「That Means A Lot」。一度完成しかけたトラックを放棄して一からアレンジをやり直してみたものの、セッションは混迷の度合いを増す一方であったことが捉えられています。セッション音源と言えばアレンジが決まった曲のマスターを録るまでテイクを繰り返すのが一般的ですが、こうしてレコーディングしながらアレンジを変えて行くセッションと言うのは本当に面白い。
 反対にアルバムのタイトル曲である「Help!」はアレンジが完成した演奏をボーカル抜きで淡々とテイクを重ねた様子が捉えられていますが、今度は飾り付けが一筋縄では行かなかったのです。まずジョンのボーカル・トラックがモノとステレオでテイクが違った上、さらに映画で使用するバージョン用にさらなるボーカルを加え、しかも今度は映画スタジオで録り直していたのです。
その録り直しバージョンは1965年当時、映画の冒頭で流れる同曲の白黒演奏シーンで使われましたが、それと同時に映画で盛り込まれる前の段階でプロモとして放送されていた映像(いわゆるダーツレス・バージョン)の音声をここでは収録。映画のバージョンと違ってエンディングで映写機が再生する音が入らず、クリーンに曲が終わるのがポイント。現在では映画にしろダーツレス・バージョンにしろ音声がレギュラーのミックスに差し替えられがちですので、このボーカル録り直しバージョンをクリーンな音声で聞けるのもまた大きなポイントでしょう。レギュラーと比べてイントロでジョージの声がやたら目立つのがこのバージョンの特徴。
そしてこのディスクのボーナスにはさらなる「HELP!」映画のオリジナル・モノ音声を収録。これまでにもオリジナル音声を収録したアイテムは存在しましたが、ここでは我が国で実現した伝説的なオリジナル音声放送の録画を使用して非常にクリアな状態での収録を実現。今回のリリースにおける隠れた目玉と呼べるでしょう。二枚のディスクを通して複数の音源を駆使した最長収録となったセッション音源も多く含まれており、例えば「She's A Woman」テイク2などは僅からなの違いながらも最長収録を実現。正にすみずみまで行き届いた内容でお届けする、1964年後半から65年前半にかけてのビートルズ・セッションの集大成。マニアを唸らせる内容を保証します。

★ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。

Disc 1 (78:03)
01. Eight Days A Week [Edit of Takes 1+2]
02. Eight Days A Week [Take 4]
03. Eight Days A Week [Take 5]
04. Eight Days A Week [Unknown Take]
05. Eight Days A Week [RS from Takes 13+15]
06. She's A Woman [Take 1]
07. She's A Woman [Take 2]
08. She's A Woman [Take 3]
09. She's A Woman [Take 4]
10. She's A Woman [Take 5]
11. She's A Woman [Take 6]
12. She's A Woman [Take 7]
13. Kansas City-Hey, Hey, Hey, Hey [Take 2]
14. I Feel Fine [Take 1]
15. I Feel Fine [Take 2]
16. I Feel Fine [Take 5]
17. I Feel Fine [Take 6]
18. I Feel Fine [Take 7 - Partial]
19. I Feel Fine [Take 8 - Partial]
20. I Feel Fine [Take 9]
21. Everybody's Trying To Be My Baby [Take 1 - Fragment]
22. Rock & Roll Music [Take 1 - Different Piano Overdub]
23. Honey Don't [Unknown Take #1]
24. Honey Don't [Unknown Take #2]
25. Ticket To Ride [Take 1 - Partial]
26. Ticket To Ride [Take 2]
27. I Need You [RM from Take 5]
28. Another Girl [RM from Take 1]
29. Yes It Is [Take 1]
30. Yes It Is [Take 2]
31. Yes It Is [Take 3]
32. Yes It Is [Take 4]
33. Yes It Is [Take 5]
34. Yes It Is [Take 6]
35. Yes It Is [Take 7]
36. Yes It Is [Take 8]
37. Yes It Is [Take 9]
38. Yes It Is [Take 10]
39. Yes It Is [Take 11]
40. Yes It Is [Take 14]
41. The Night Before [RM from Take 2]
42. You Like Me Too Much [RM from Take 8]
43. ''Keep That One, Mark It Fab!'' [Undated Studio Talk]
44. Ticket To Ride [Take 2 - 'Single Vocal' Fan Mix]
45. I Need You [Take 5 - 'Single Vocal' Fan Mix]
46. The Night Before [Take 2 - 'Single Vocal' Fan Mix]

Disc 2 (78:47)
01. You've Got To Hide Your Love Away [Take 1]
02. You've Got To Hide Your Love Away [Take 5]
03. You've Got To Hide Your Love Away [RM from Take 9]
04. If You've Got Trouble [Take 1 - 'Single Vocal']
05. If You've Got Trouble [RS from Take 1]
06. You're Going Lose That Girl [Take 3 - Different Guitar Overdub]
07. That Means A Lot [Take 1]
08. That Means A Lot [Take 3 - 'Reh Take 1']
09. That Means A Lot [RM1 from Take 1]
10. That Means A Lot [Take 20]
11. That Means A Lot [Take 21]
12. That Means A Lot [Take 23]
13. That Means A Lot [Take 24]
14. That Means A Lot [Test Take]
15. Help! [Take 01]
16. Help! [Take 02]
17. Help! [Take 03]
18. Help! [Take 04]
19. Help! [Take 05]
20. Help! [Take 06]
21. Help! [Take 07]
22. Help! [Take 08]
23. Help! [Take 09]
24. Help! [Take 10]
25. Help! [Take 11]
26. Help! [Take 12]
27. Help! [Alternate Mix - aka 'Take 13']
28. Help! [RM - 'Re-record Vocals']
29. I've Just Seen A Face [Take 6]
30. I'm Down [Take 1]
31. Yesterday [Take 1]
32. Yesterday [Take 2]
33. It's Only Love [Take 2]
34. It's Only Love [Take 3]
35. It's Only Love [Take 6]
36. Wait [Take 4]
37. 'OK George, I Do This One For You' [Undated Studio Talk]
38. You're Going To Lose That Girl [RM from Take 3 - Film Mix]
39. You've Got To Hide Your Love Away [RM from Take 9 - Film Mix]
40. Ticket To Ride [RM from Take 2 - Film Mix]
41. I Need You [RM from Take 5 - Film Mix]
42. The Barber Of Seville [Stereo Mix]