ホーム | S > Stray Cats【取り寄せ】STRAY CATS - SONICMANIA 2004 OSAKA(2CD)
商品詳細

【取り寄せ】STRAY CATS - SONICMANIA 2004 OSAKA(2CD)[ZION-121]

販売価格: 3,800円 (税込)
数量:
★在庫切れの場合取り寄せ(1週間で入荷)
★ギフト・タイトル(一部レーベル限定)の対象品です。

Live at Intex-Osaka, Osaka, Japan 1st February 2004 STEREO SBD(from Original Masters)

 ブライアン・セッツァーの超極上サウンドボード・シリーズ最新弾の登場です。このシリーズは、当店独自ルートでもたらされた関係者流出マスターのライヴ・イン・ジャパン。関係者ならではの超ハイグレード・サウンドが衝撃を振りまいており、先日リリースされたTHE NASHVILLAINSとの『TOKYO 2006 FINAL NIGHT(Zion-119)』も大絶賛を賜りました。
 今週は、そんな極上シリーズが2本同時リリース。本作は「2004年2月1日インデックス大阪」のライヴアルバムです。この時は、“BRIAN SETZER, SLIM JIM PHANTOM of STRAY CATS with MARK WINCHESTER”名義のトリオで冬フェス“SONICMANIA 2004”に参加しました。1月31日に幕張メッセ、2月1日に大阪の全2公演であり、本作はその後者なのです。

【超極上のステレオサウンドボード・アルバム】
 そんなショウを収めた本作は、“極上”・“究極”・“至高”としか言いようのない超絶なるステレオ・サウンドボード。ハッキリ言って大絶賛真っ最中の『TOKYO 2006 FINAL NIGHT』よりも、さらに凄いのです。正しく卓直結系の最高峰でして、耳元どころか脳みそに直接プラグを突っ込んで脳内再生しているかのような超ダイレクト感なのです。
 また、よく卓直結系は観客の熱狂が遠くて臨場感が感じにくいもの。それが欠点ともされることが多いのですが、そう思われる方には本作はお薦めできない(苦笑)。ヘッドフォンでよくよく耳を澄ますと大歓声も微かに感じられるものの、それも遠い海のさざ波レベルです。
 ところが、これが欠点には思えない。ライヴ会場の臨場感など丸っきりないのですが、ここまで徹底されたら清々しくさえなってくるほどで、それがバンドとの猛烈なシンクロ感を生み出している。それこそ、SF映画よろしく意識がPA回路の中で漂っていると言うか、自分の頭がサウンドボード卓そのものになったと言うか……。サウンド・クオリティ自体は「まるでオフィシャル」と全力で叫んでもいいのですが、こんな一体感・没入感は公式作品では絶対に味わえません。
 実のところ、かつて『BRING IT BACK AGAIN』として一世を風靡した録音なのですが、今回はそのオリジナル・マスターから新たにCD化。ド級のダイレクト音質そのものは大きく違いませんが、既発よりもグッと抜けが良くなり、そのせいかバランスも整って聞こえる。特に中音域の鳴りが端正でして、スネア1発からして一層瑞々しい“鳴り”を感じられるでしょう。

【シンプル&ダイナミックなトリオライヴ】
 そのサウンドで描かれるショウが激烈なまでにド級の迫力! 残念ながらリー・ロッカーが不参加なものの、ショウの中身は紛れもなくSTRAY CATS。ゴージャスなBSOとはまるで違うトリオのアンサンブルはえらくソリッド。1発1発、楔を打ち込むようなスリム・ジム・ファントムのスタンドドラムが凄い迫力です。正直なところ、ややドタバタしたような印象でもあるのですが、それを強引な“勢い”に転化してしまう剛のショウなのです。
 そのアンサンブルで描くセットも、もちろんSTRAY CATS式。2004年というと公式ライヴアルバム『RUMBLE IN BRIXTON』が浮かびますが、本作も基本は同じながらそこでは聴けない「My One Desire」「Rev It Up And Go」「I Fought The Law」「Something Else」も披露してくれる。「Mystery Train」にしても、もちろんライヴです。特に「My One Desire」は、膨大な『LIVE FROM EUROPE 2004』シリーズにもない1曲。日本公演というだけでも特別なのに、中身も特濃なライヴアルバムの大傑作なのです。

 1992年以来、12年ぶりに“STRAY CATS”の名を冠して日本にやってきたブライアン・セッツァー。BSOとは違うソリッドなアンサンブルと、STRAY CATSの名曲群が超極上サウンドボードで炸裂するライヴアルバムです。BSOも素晴らしいけれど、やはり“STRAY CATS”は特別……そんな諸兄にぜひ味わっていただきたいライヴ・イン・ジャパンの超傑作です。

★ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。

Disc 1 (47:36)
1. Pre-Show Music 2. Rumble In Brighton 3. Double Talkin' Baby 4. Something's Wrong With My Radio
5. My One Desire 6. Ubangi Stomp 7. Stray Cat Strut 8. Gene & Eddie 9. Sleepwalk
10. Too Hip, Gotta Go 11. I Won't Stand In Your Way 12. Mystery Train

Disc 2 (38:55)
1. Rev It Up And Go 2. Blast Off 3. Runaway Boys 4. Bring It Back Again 5. (She's) Sexy + 17
6. Rock This Town 7. 18 Miles To Memphis 8. I Fought The Law 9. Fishnet Stockings 10. Something Else
Brian Setzer - Guitar & Vocal Mark Winchester - Bass & Vocal Slim Jim Phantom - Drums

STEREO SOUNDBOARD RECORDING