ホームTHE WHO★THE WHO - ROCK IN RIO 2017(DVD) plus Bonus DVDR* Numbered Stickered Edition Only
商品詳細

★THE WHO - ROCK IN RIO 2017(DVD) plus Bonus DVDR* Numbered Stickered Edition Only[IMPORT TITLE]

販売価格: 2,500円 (税込)
数量:
★在庫切れの場合取り寄せ(1週間で入荷)
★ギフト・タイトル(一部レーベル限定)の対象品です。

Rock in Rio 7: Live at Parque Olimpico, Rio de Janeiro, Brazil 23rd September 2017 PRO-SHOT

 超極上プロショットを連発して話題騒然の“ROCK IN RIO 7”。そのTHE WHO編が永久保存プレスDVDで登場です!
 世界に名だたる巨大フェスティバルにTHE WHOが参加したのは、今回が初。全7日間のうち6日目の準トリでした。世界的なビッグ・フェスだけに、その模様はプロショットで収録されて放送。本作は、その超極上マスターをダイレクトにDVD化したものです。
 “ROCK IN RIO 7”から生まれたプロショットは、さまざまなアーティスト/バンドで“2017年の超決定盤!”と謳われる傑作揃い。本作もその例に漏れず、最新デジタルの画質・音質が凄まじいだけでなく、進化した南米のロック事情を素直に反映したステージ演出・サウンドミックス・カメラワークのいずれもが超一流。このまま公式リリースできる超・極上品なのです。
 それだけ進化した南米放送ですが、そこに“ROCK IN RIO 7”ならではの旨みも加わっている。それは超巨大なスペクタクルと、ラテンな大観衆のノリ。まず、何よりも会場がデカい。THE WHOにも近年の野外フェス・プロショットが幾つかありますが、本作は客席が広大なだけでなく、ステージそのものがスペクタクル。真っ暗な闇夜の中を無数のライト乱舞し、デカいスクリーンが曲のイメージを美しく映し出すのです。
 もう1つの南米ノリも素晴らしい。サウンドボード音声に大歓声がミックスされているわけですが、ヒットソングの大合唱では巨大な海のように広大な歓声でうねりを演出し、曲間では言葉の1つまでハッキリ聴き取れる声援で臨場感を醸し出す。場面場面で使い分けられる「オーディエンス・ノイズ」は、やや冷静な欧米とはまったく違う“熱量”を伝えてくれる。言い換えるなら、小さなスタジオ・ライヴのような生々しさでありながら、同時に超巨大フェスのスケール感も味わわせてくれる。まさに“ROCK IN RIO 7”だからこそのプロショットなのです。
 また、そんな熱気を煽りまくるショウこそが素晴らしい。オフィシャルでも『TOMMY: LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL』がリリースされたばかりですが、同じ“2017年”であっても中身はまるで違う。オフィシャル新作は、タイトル通り『TOMMY』の再演がテーマで、場所も伝統のロイヤル・アルバート・ホール。それはそれで歴史的な映像作品ではありましたが、本作は観客が望む曲を徹底的にグレイテストヒッツ。ほとんどが『TOMMY: LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL』とは被らず、公式では観られなかった「My Generation」「Behind Blue Eyes」「See Me, Feel Me」等々の必殺曲がたっぷり。本作のボーナスには北米の“OUTSIDE LANDS MUSIC AND ARTS FESTIVAL”プロショットも付属しますが、そこでも観られない「Substitute」も披露されます。そして、そんな大盤振る舞いに驚喜する南米の“うねり”と生放送のリアリティ……。クオリティ的には完全オフィシャル級ですが、公式作品以上に“熱い”ライヴ作品なのです。

 GUNS 'N ROSESにトリを譲っただけにショートセットなのですが、その代わり(?)本作にはボーナス映像も収録。南米フェスに臨むピート・タウンゼントのインタビュー(ちなみに、このショウはレイチェル・フラー女史との結婚発表から3日後でした)と、NBCで放送された「I Can See For Miles」のスタジオライヴです。
 とにかく超極上クオリティにして、どこまでも熱いマルチカメラ・プロショット。“南米のTHE WHO”というだけでも貴重ですが、本作から吹き出す熱演・熱狂はそれどころの話ではありません。近年のプロショットでも格別の1本にして、公式品『TOMMY: LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL』にすら匹敵する大傑作。どうぞ、輝きを永久に残すプレスDVDで存分にお楽しみください。

★ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。

(117:15)
1. Intro 2. I Can't Explain 3. Substitute 4. Who Are You 5. The Kids Are Alright
6. I Can See for Miles 7. My Generation / Cry If You Want 8. Bargain 9. Behind Blue Eyes
10. Join Together 11. You Better You Bet 12. I'm One 13. 5:15 14. Love, Reign O'er Me
15. Amazing Journey 16. Sparks 17. Pinball Wizard 18. See Me, Feel Me 19. Baba O'Riley
20. Won't Get Fooled Again 21. Pete Townshend Interview

The Tonight Show Starring Jimmy Fallon: Live at NBC Studios, New York City, New York, USA 19th July 2017

22. I Can See for Miles

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.117min.


★★特別企画

★最新の超極上マルチカメラ・プロショット『ROCK IN RIO 2017』。その初回限定ナンバー入りステッカー付きに限り、もう1本の極上プロショット『OUTSIDE LANDS MUSIC & ARTS FESTIVAL 2017』が特別に付属致します。
THE WHO - OUTSIDE LANDS MUSIC & ARTS FESTIVAL 2017(Special Bonus DVDR)
Live at Golden Gate Park, San Francisco, CA. USA 13th August 2017 PRO-SHOT

 完全オフィシャル級クオリティで最新のグレイテストヒッツ・ライヴを楽しめる大決定盤『ROCK IN RIO 2017』。完全無欠のようでもありますが、強いて難点を挙げるとすれば長さ。ヘッドライナーをGUNS 'N ROSESに譲ったがためにショートセットだったのです。そこで、ボーナスには本編プレスDVDにも肉薄する特級プロショットをご用意しました。
 本作に収められているのは「2017年8月13日サンフランシスコ公演」。アメリカの夏フェス“OUTSIDE LANDS MUSIC AND ARTS FESTIVAL”に出演した際の模様です。このフェスは2008年から毎年行われており、10周年となる今年は3日間で69組が参加。THE WHOは、最終日の大トリ出演。まさにヘッドライナー然としたショウを楽しめる。実際、本編プレスDVDでは観られないナンバーが4曲「The Seeker」「Naked Eye」「The Rock」「Eminence Front」も披露されています。
 もちろん、そのクオリティは鉄壁。さすがに本編プレスDVDの超クオリティには1/4歩ほど譲りますが、ベストのデイタル・マスターをダイレクトにDVD化。画質/音質はもちろんのことサウンド・ミックス、カメラワーク、現場のライティングに至るまで、ありとあらゆるポイントが素晴らしい。本編プレスDVDが登場するまで、“ツアーNo.1”と目されていた極上品なのです。
 本作1本でも超・強力ですが、さらに周辺を見回してみると別の意味も出てきます。それご説明するため、ここで2017年のコンサート・スケジュールを見てみましょう。

・3月30-4月12日:英国(7公演)←※公式
・7月13日-8月16日:北米(14公演)←【本作】
・9月21日-10月1日:南米(5公演)←本編プレスDVD

 これが2017年のコンサート・スケジュール。オフィシャル『TOMMY: LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL』が「英国」ツアーで、本編プレスDVDは最終盤「南米」の代表作。それに対し、本作は「北米」の代表作。つまり、“オフィシャル作品+本セット”でワールドツアーの3レッグを超ハイクオリティで揃えられるわけです。
 しかも、この3本は三者三様だから面白い。『TOMMY』の再演だった『TOMMY: LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL』とまるで違うのは当然ですが、同じグレイテストヒッツ・ショウの本編プレスDVD『ROCK IN RIO 2017』ともムードが違う。本編プレスDVDは、ムーディな深い闇夜に鮮やかなライトショウが描かれ、大群衆もラテンノリが凄い。それに対し、本作はまだ明るい時間から始まり、開放感が素晴らしいのです。観客1人ひとりの表情までもがハッキリと見え、それが遠くに行くほど小さい模様になっていく遠近感。暗闇の“ROCK IN RIO 7”も巨大なスペクタクル感がありますが、まったく味わい・種類が違うのです。
 「TOMMY再演・英国・伝統のRAH」のオフィシャルDVD、「ベスト選曲・南米・闇夜」のプレスDVD、「ベスト選曲・米国・開放感」の本作。同じく超極上な最新プロショットでありながら、あらゆる意味で好対照な極上プロショット3部作です。本作1本でも最高なプロショットですが、3本と併せることで“THE WHOの今”が完成する。本来であれば、オフィシャル側でリリースすべき、完全映像の豪華セット。どうぞ、『TOMMY: LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL』の隣に差して、たっぷりとお楽しみください。

(124:59)
1. Intro. 2. I Can't Explain 3. The Seeker 4. Who Are You 5. The Kids Are Alright
6. I Can See for Miles 7. My Generation 8. Naked Eye 9. Behind Blue Eyes 10. Bargain
11. Join Together 12. You Better You Bet 13. 5:15 14. I'm One 15. The Rock
16. Love, Reign O'er Me 17. Eminence Front 18. Amazing Journey 19. Sparks 20. Pinball Wizard
21. See Me, Feel Me 22. Baba O'Riley 23. Won't Get Fooled Again

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx. 125min.

Special Bonus DVDR for limited numbered stickered edition of "ROCK IN RIO 2017"(DVD)